048-997-7721
メニュー
  1. Home
  2. 事業のご案内
  3. 微生物学検査

微生物学検査

主に感染症が疑われる部位から原因菌を検出し、その菌にはどんな抗菌薬が効くのかを検査しています。また、病院に対して院内感染レポートなどの情報も提供しています。
近年さまざまな耐性菌が出現し、院内感染対策の重要性が高まってきており、微生物検査へのニーズも増してきています。

質量分析装置(MALDI バイオタイパー)
自動分注装置・感受性分析装置(イノキュレーターΣ192、DPSMIC192/ID)

安定した結果を早く返すために、手作業が多く熟練が要求される微生物検査においても可能な限り自動化を多く取り入れています。
質量分析装置で菌の同定を行うため、測定当日に結果報告が可能になりました。

血液培養検査(BACTEC FX)

敗血症・菌血症が疑われる患者様から採血された血液を専用の培養ボトルに接種し、装置にセットします。セットすると10分毎にボトル内の菌の発育を監視し、陽性になると知らせてくれるので、リアルタイムの報告が可能です。

抗酸菌検査(BACTEC MGIT960)

前処理した検査材料を液体培地の入った培養チューブに接種し、装置にセットすると血液培養と同様に菌の発育状況を経時的に監視します。小川培地では結核菌が陽性になるまで約1ヶ月、陰性判定までに8週間を要しますが、この装置では多くは2週間で陽性になり、6週間で陰性判定ができます。材料の前処理では、3000Gの高速冷却遠心機で集菌しますので感度的にも優れています。

遺伝子検査(TaqMan48、プローブテックET)

抗酸菌(M.tuberculosis,M.avium complex)はPCR法、クラミジア・淋菌はSDA法による遺伝子検査を行っています。
検査材料中から直接目的菌の遺伝子を抽出し、約100万倍に増幅してから検出しますので非常に高感度で特異性も高く、培養法に比べ迅速性にも優れています。

作業風景

統計システム

院内感染対策において微生物検査の役割は極めて大きくデータ管理や集計作業は欠かせないものになっています。
クライアントの要望する定期レポートを各施設の端末から出力したり、施設単位で 使用できる条件検索機能、アウトブレイク監視機能、JANIS提出データ出力支援システムなど 、有用な機能が搭載された統計システムです。