048-997-7721
メニュー
  1. Home
  2. 事業のご案内
  3. 生化学検査

生化学検査

血液中の酵素・脂質やグルコース・HbA1cなどを測定しています。最新の測定装置を配備し、毎日厳しい精度管理のもと、信頼性の高い検査データを提供しています。

JCA-BM8060

完全ランダムアクセス形シングルマルチユニット連結システムにより、処理能力は1モジュールあたり1200テスト/毎時、6モジュール連結のため最大7200テスト/毎時と高速処理が可能です。データの品質においても最大限重視した汎用自動分析装置であり、迅速かつ信頼性の高い検査結果を提供することができる機器となっております。

現在の測定項目数は51項目で、一般的な生化学的検査項目をはじめ免疫学的検査項目まで幅広く測定しております。さらに、自動再検機能導入によって検査の効率化を図り、より迅速な結果報告を可能としております。

JCA-BM9130

処理能力は比色部で1200テスト/毎時となっております。最少検体分注量1μLと最少反応液量50μLの超微量測定を実現する一方で、測定補助機能を使ったデータサポートや、サンプル詰まりセンサ等のアプリケーション機能が充実しており、データの品質と検体や試薬の微量化が両立した汎用自動分析装置となっております。

検体前処理機器LabFLEX3500

3ノズル可変ピッチ分注機構による高精度かつ高速分注が可能で、処理能力は約500検体/時間です。さらにチューブフィーダー内蔵による子検体容器供給の自動化や、分注エラー時のリカバリー処理のサポート機能充実により、検査前工程の効率化と迅速な結果報告に貢献しております。

GA08Ⅲ血糖測定装置

血糖を測定する装置で、処理能力は160検体/時間の高速処理が可能で、最少検体必要量は70μLと少量です。メンテナンスのサポート機能が充実しているので、検査の品質保証に貢献しております。さらに、高精度かつ結果出力まで約2.5分と迅速な結果報告を可能としております。

HLC-723 G11

糖尿病の診断や血糖コントロールの指標として測定されているHbA1cを測定する専用装置です。
高精度かつ初検体の結果出力までが60秒の迅速性と、120検体/時間の処理能力を兼ね備えています。